1. TOP
  2. ライフスタイル
  3. 「頼んだ覚えはない!」善意に泣かされた派遣社員が綴る言葉に考えさせられる

「頼んだ覚えはない!」善意に泣かされた派遣社員が綴る言葉に考えさせられる

派遣社員時代、生活がギリギリだったため毎日の昼食を140円のかけうどんで済ませていた女性。

するといつしか、それを見た正社員の呼びかけで、デスクに食材を置かれるようになったそうなんですが・・・

頼んだ覚えはない!

そうつぶやくのは、Twitterユーザーの  Pen (@pen_gender) さん。

善意は受け取り手によって、必ずしも喜ばれるわけではないと言います。

スポンサードリンク

このツイートを読んだ方からは、

「善意ってブレーキが無いんですよね。悪意だったらブレーキの踏みどころが必ずどこかにあるんですが…」

「私は善意の押し付けが1番嫌いです。本人は良い事をしてるつもりなのがさらに厄介です。」

「善意100%の押し売りほど厄介なものはないですよね。断ると不機嫌になったり怒り出したり。本当に勘弁して欲しい。」

「正社員と派遣社員との関係は会社ごとにいろいろなので、その正社員達の頭がおかしかったんだと思います。」

「賞味期限切れの食べ物をデスクにって、ようはゴミを机に置かれてるのと同じですもんね。想像するだけでも相当不快です。」

といったコメントがとても多く寄せられていました。

善意の暴走は時に人を傷つける…考えさせられるお話です。

\ SNSでシェアしよう! /

Girls'Talk Shareの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Girls'Talk Shareの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア