1. TOP
  2. ライフスタイル
  3. 指をケガして血を流していた外国人と遭遇。絆創膏をあげようと思いついた英語で話しかけたところ・・・

指をケガして血を流していた外国人と遭遇。絆創膏をあげようと思いついた英語で話しかけたところ・・・

ディズニーで、近くにいた外国人が指をケガして血を流しているのを見た女性。

持った絆創膏をあげようと、その時に思いついた英語で話しかけてみると・・・

笑ってもらってくれたけど

そうつぶやくのは、Twitterユーザーの  集団 ひとり (@shu_dan_lonely)さん。

英語力がなくても、持っている言葉で手をさしのべるのはとても素晴らしいです!

スポンサードリンク

このツイートを読んだ方からは、

「高校の時の英語教師が『意味さえ通じれば文法とかどうでもいい』って強く言い切ってましたので全く問題ないかと!」

「アウチポイントシールってめっちゃ可愛いw積極的に使いたくなるカタカナ語ですね(笑)」

「絆創膏は英語で『リバテープ』だけど、バンドエイドで意外と通じますよ。」

「英語って日常的に使ってないととっさに出てこないですよね。私は接客業をしてますが、海外のお客様の対応は基本単語です。」

「自由の女神をフリーウーマンと英語で伝えた某芸能人と同じセンスを感じますw」

「昔のバイト先の先輩が『何名様ですか?』と聞くところを『ワンヒューマン?ツーヒューマン?』って聞いたのを思い出して笑ったww」

といったコメントがとても多く寄せられていました。

外国人と接する時に大事なのは、英語力よりもコミュ力の方なようです。

\ SNSでシェアしよう! /

Girls'Talk Shareの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Girls'Talk Shareの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア