1. TOP
  2. ライフスタイル
  3. 自意識過剰ぐらいがちょうどいい。もしも夜道で誰かに道案内を求められたら・・・

自意識過剰ぐらいがちょうどいい。もしも夜道で誰かに道案内を求められたら・・・

街を歩いていると、知らない人から声をかけられて、道や特定の場所を聞かれることってありますよね。

それが昼間で人目が多い場所なら、立ち止まって話を聞くぐらいはしてもいいと思いますが・・・

しかし夜の場合は、こんな危険が潜んでいることもあるので本当に注意が必要です。

身の危険を感じたら

そうつぶやくのは、Twitterユーザーの  トワ 庭子 (@tantakatatara)さん。

たしかに、自分の身は自分で守るしかないですから、無事に帰宅できるのなら自意識過剰でいいですよね。

スポンサードリンク

とにかく逃げよう!

このツイートを読んた方からは、

「以前わたしも、『この辺詳しいですか?』って声かけられて、道を教えようとしたらその人が痴漢で警察沙汰になったことあります。これは本当に他人事じゃないです。」

「私も夜道で同じような経験をしました。道を聞かれたので側に寄ろうとしたら、ガチャっと車のドアが開く音がしたので、猛ダッシュで逃げました。」

「夜に道に『道がわからない』とかって話しかけてくるような男の人はとても危険です。自分も経験済みですがこれは無視して逃げるのが一番いいです。」

「私も経験者。これね、本当に怖いよ!殺されるってマジで思った。チャリで逃げる私に向かって、後ろから車に乗った男2人が『捕まえろ!!』って叫んだの未だに忘れられない。」

「そうそう、自意識過剰くらいがちょうどいいんですよね。 何かあってからじゃ本当に遅いですから。」

といったコメントがとても多く寄せられていました。

 

カーナビやスマホ(Google map)がある今の時代、誰かに聞かないと車で通れるような道がわからないなんて、そうそうあるもんじゃないですよね。

自意識過剰と言われても、夜道で声をかけられ身の危険を感じた時は、とにかく『逃げる』ことが本当に大事です。

\ SNSでシェアしよう! /

Girls'Talk Shareの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Girls'Talk Shareの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア