1. TOP
  2. ライフスタイル
  3. 「おいマスクないのか!」理不尽なクレームをつける客に謝るのではなくこういう対応をすると・・・

「おいマスクないのか!」理不尽なクレームをつける客に謝るのではなくこういう対応をすると・・・

    マスクがない!とクレームをつけるお客さんに謝り続けて心が折れた友達。

    そのため、謝るのではなく、こういう対応をするようにしたところ・・・

    クレーム対策に有効

    そうつぶやくのは、Twitterユーザーの  じろまるいずみ「餃子のおんがえし」絶賛発売中 (@jiromal) さん。

    なるほど…怒っている人には謝罪ではなく、共感のほうが響くのかもしれませんね。

    スポンサードリンク

    このツイートを読んだ方からは、

    「それってたぶん『共感フィードバック』というクレーム対処テクニックのひとつ。」

    「販売の接客を教わった時、『怒りには謝罪ではなく共通の敵を作れと』言われました。そしてその敵は、『客も店員もリアタイでは文句言えない所にいる人を選べ』とも。」

    「私も最近、『そうなんですよ、本当に全然入ってこなくて!私達もいつ入るか全く分からないんですよ!』って自分の不満をぶちまけるようにしてます。そうすると相手も、そっちも大変だね、みたいになってくれます(笑)」

    「同じくドラッグストアで 『15回もこの店来てるのにマスクないのはなんでた!』 と高齢者に言われたので 『ほぼ毎日来てる私ですら見た事ないんだから15回で見てたらすごいですよ!』 と返したら 『そうなのかぁ…』 と帰って行きました。」

    「これ、うちの1歳児と3歳児にやる手法… クレーマーは乳幼児レベルかっ!」

    といったコメントがとても多く寄せられていまいた。

     

    理不尽なクレームには謝るのではなく共感する。

    接客業をしている方は、覚えておくと良いかもしれませんね。

    \ SNSでシェアしよう! /

    Girls'Talk Shareの注目記事を受け取ろう

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう

    Girls'Talk Shareの人気記事をお届けします。

    • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
    • フォローしよう!

      この記事をSNSでシェア

    関連記事

    • 『警察官のひと言に涙』夜中に自転車で号泣しながら信号待ちをしていたら・・・

    • 「なんで肩が上がってたらダメなんですか?」マッサージ屋で聞こえてきた会話が面白すぎるww

    • SMSで届いた郵便局からの『不在通知』。調べてみたらやっぱり・・・!

    • 会社で始まった新しい施策。作業量が多い人ほどやる気がそがれる・・・

    • 『飲むよりも目が覚める』とある男性が気付いたコーヒーのライフハックが話題に!

    • 夏のいろんなものを送ってくれた京都に住む親族。秘められた思いに「なるほど!」